「安全第一」

Posted on 22nd 10月 2013 by anamericanevent.org in

街の発展には、さまざまなモノを建設することが欠かせません。ビルや何やといった設備、道路や線路……また、これらを補修する作業も、街を維持するために行われています。
そういうわけで、今日も街の至るところに建築現場があり、作業員のひとが働き、重機が音を立てて動いているのです。

このような場所でいちばん重要なのは何か?といえば、作業員の人たちのヘルメットや重機の脇に書いてある「安全第一」であることは言うまでもないことでしょう。
建築現場では、重い資材が空中に吊り上げられたり、足場が組まれたり、というふうに、気をつけなければならないポイントをいくつか作ることになります。
これらの部分での安全確認のために使われているのが、レーザーバリアと監視カメラという二つの装置です。
二つの装置を使った、レーザーバリアシステムと監視カメラシステムとを連動させることでさらなる安全向上につとめる、という現場もあります。

ところで、監視カメラというのは、建築現場など特に「安全第一」が重要な場所だけでなく、街中の至るところにありますからご存知だと思いますけど、レーザーバリアというものについてはあんまり良く知らない、という感じではないでしょうか。
レーザーバリアという名前を聞く限り、「まあたぶんハイテク機器なんだろう」というのはわかると思うんですが……。
というわけで、次からは監視カメラと並行して使われるレーザーバリアという装置について、これがどういうふうに「安全第一」に貢献しているのかということを、見て行きたいと思います。

OUT LINK

監視カメラで防犯対策を!|防犯カメラ本舗
浮気の証拠を掴むならこれ!gpsの追跡機能がついた専門機器は買うとお金がかかりますが、レンタルだとお得な料金で利用できます。
設置する場所によって最適なカメラを選ぶことができるようになっています。防犯カメラのことなら、各方面から信頼されている専門店で買おう。