監視カメラやホームセキュリティを設置して安全維持

セキュリティ

ネットワークで便利化

ドア

ネットワークを活用

監視カメラはレーザーバリアとともに建築現場や工事現場の「安全第一」の実現のため、作業状況を把握するためなど、現場を「見る」業務に使われますが、監視カメラといえば防犯グッズの側面ももちろんあります。
先に挙げたネットワークカメラシステムを、防犯装置として使用する、という場合もあるようです。

今では、ネットワークシステムはさまざまな機器で使うことが出来るようになっています。
パソコンは言うに及ばず、タブレット機器や携帯電話にもネットが通っていますから、それを通じて、たとえば部屋の中に設置したカメラの映像を手もとに送ってもらう、ということが出来るのです。
旅行先から常に家の中の様子を見ることが出来る、というのは心強いものです。

また、ネットワークカメラシステムの大きな特徴としてあるのが、さまざまなネットワークシステムの一環として組み込み、総合的なセキュリティシステムの一部として活用することが出来るという点です。
たとえば入退室管理のためにICカードを使用している場合、ネットワークカメラと並行して使うと、映像とカードと両方でセキュリティシステムを動かすことが出来るのです。

建築現場の安全確認の場は、今では遠隔的に行われる場合が多い、と言います。わざわざ現場に足を運ぶことなく、居ながらにして監視業務が可能になったわけです。
それを可能にしたのが、遠隔地にもつなげることが出来る監視カメラシステムです。