監視カメラやホームセキュリティを設置して安全維持

セキュリティ

事故を未然に防ぐ

防犯カメラ

レーザーバリアや監視カメラ(ネットワークカメラ)は、実に現場の至るところに設置されています。
ビックリするほど首が伸びるクレーン車など、見たことがあると思いますが、そのクレーンの先に二つの装置を取り付けている、という場合があります。
クレーンの先からレーザーを照射し、もし手違いでクレーンが危険な場所へ動いていき、何かに接触しようとした場合などには警告を発することが出来ます。
また、何台ものクレーン車が同時に作業をするような場所でも、運転席からは分からないクレーンの先が「見ている」映像をネットワークカメラを通して把握しながら、危険なく作業をすることが出来るようになっているのです。
このような、重機の動きによる事故防止のためのレーザーバリアの使い道というものも、重機の数だけ、重機が動く可能性の数だけ、存在するわけです。

特に、高い位置まで伸び、人の目の届きにくいところでの作業が多いとされるクレーン車における安全確認、事故防止の試みには、さまざまなシステムや機器が使われていて、また、事故防止のために「クレーン操作の決まり」というものが厳格に定められています。

文字通り、ネットワークによって繋げられた監視カメラの映像を、遠く離れた事務所の中でモニタリングすることが出来るようになっています。そこで作業の進捗状況を測りながら、安全確認を行うことが出来るのです。

さらにカメラ自体も進化していて、遠隔操作によって見たい場所へカメラを向ける機能も付くようになりました。上下左右に動き、ズーム機能も備わっているものを使えば、その場にいるかのような監視業務が可能なのです。